お客様がほたてを調理する間に鮮度を保てるよう考慮して、ケースの開封時はほたてが動かないほど冷えた状態で発送致しております。気温の高い中での下処理については、迅速な作業が必要となりますが、【ほたてのさばき方】でご紹介する作業(中腸腺・消化腺など、取り除く部位をしっかり取り除く事)をして頂ければ、安全にお召し上がり頂けます。夏季は特に【ボイル保存法】なども有効なので、ご参考下さい。

2018.05.17
悩みを解決!刺身の注文や配送など! ほたての注文について ※注文してもほたてがない時期はありますか? 【ほたて ・・・[続きを読む]
2018.08.24
魚の消化腺の食べ方!非加熱はNG? 消化腺 適した食べ方 非加熱   × NG 加熱       × NG 食 ・・・[続きを読む]
2018.09.16
さばき方手順をご紹介!美味しくさせるには? ◇ヘラで貝柱を取り外す ほたてのさばき方手順5上手に貝柱だけ取り出 ・・・[続きを読む]
2018.11.3
ボイル保存法を解説!うまく調理しよう! なべに水を入れて、沸騰させます。 沸騰したら、貝付きのほたてをそのまま ・・・[続きを読む]
2018.06.25
季節による扱い方の違い!気になる悩みを解決! ※夏季と冬季では、ほたての扱い方は違いがありますか?   ・・・[続きを読む]