お客様がほたてを調理する間に鮮度を保てるよう考慮して、ケースの開封時はほたてが動かないほど冷えた状態で発送致しております。気温の高い中での下処理については、迅速な作業が必要となりますが、【ほたてのさばき方】でご紹介する作業(中腸腺・消化腺など、取り除く部位をしっかり取り除く事)をして頂ければ、安全にお召し上がり頂けます。夏季は特に【ボイル保存法】なども有効なので、ご参考下さい。

魚の消化腺の食べ方!非加熱はNG?

2018/08/24

魚の消化腺の食べ方!非加熱はNG?

消化腺

適した食べ方

非加熱   × NG

加熱       × NG

食べないで下さい中腸線同様、ここは召し上がらないで下さい。

見つけにくい場所にありますが、生の状態でさばいた時は、ウロを切り落とした後の生殖巣を押してしごく事によって、するっと出てきます。出来るだけ下処理の工程で取り除くようにして下さい。

生殖巣をお刺身にして召し上がる時は気をつけて頂きたいと思いますが、貝殻ごとボイルした場合は、生殖巣を押し出しても出てきません。その場合は無理に出す必要はありません。

生殖巣をお刺身にして召し上がる場合は、押し出しても出てこない場合があります。その時は生殖巣を切り開いて、消化腺がある場所を水道水で洗い流してからお召し上がり下さい。

貝柱

適した食べ方

非加熱   ○ OK

加熱       ○ OK

お刺身

貝柱は一般的に、お刺身で食べる事で良く知られています。

勿論加熱してお召し上がり頂いても美味しいです。

貝焼きにする場合は貝柱のみで召し上がるより、小さめの貝を選んでヒモやエラと一緒にひと口で召し上がると、よりほたての旨みを味わう事が出来ます。

お刺身にする場合は、縦に切るのと横に切るのとでは食感が変わります。歯ごたえのある方がお好きな方は、縦に切るといいでしょう。

鰓(エラ)

適した食べ方

非加熱   ×  NG

加熱       ○ OK

貝焼き・煮物など

貝柱と違い、主に加熱して召し上がるのに適しています。

意外と知られていませんが、実は、ほたての旨みが一番感じられるのがこのエラです。

貝焼きなどする時は、貝柱と一緒に焼いて、一口で召し上がって頂きますと、より一層美味しく召し上がれます。

煮物などにする時も、ここからダシとしての風味が一番出ますので、是非一緒に煮込んで下さい。

ほたての発送・その後

※お支払方法は何がありますか?

代金引換・銀行振込・現金書留の3種類になります。恐れ入りますが、代金引換の場合は代引き手数料を、銀行振込の場合は振込手数料を、現金書留の場合は書留手数料を、お客様にご負担願います事をご了承下さい。※代引手数料につきましては【ほたて物語@style】の中の【ほたて物語@style】商品お買い上げの際のお支払いについてにて詳細をご確認下さい。

※発送してから着くまで、どのくらいかかりますか?

【ほたて物語@style】の各商品詳細ページの中で、商品の発送地域によって商品価格が分かれておりますが、「北海道・東北・関東・信越・北陸・中部」は主に発送翌日「関西・中国・四国・九州」と「沖縄」につきましては主に発送日の翌々日が、到着予定となっております(一部の地域はその限りではありません)。ご都合に合わせてご注文下さい。

※保冷剤など、どのように梱包されていますか?

【ほたて物語】は生鮮食料品なので、鮮度維持の為に有効な梱包資材を使用して細心の注意を払って発送致しておりますので、安心してご注文下さい。お客様がほたてを調理する間に鮮度を保てるよう考慮して、ケースの開封時はほたてが動かないほど冷えた状態で発送致しております。詳しくは【ほたて物語@style】の中の【ほたて物語@style】活ほたてのセット内容説明に記載してございます。ご確認下さい。