お客様がほたてを調理する間に鮮度を保てるよう考慮して、ケースの開封時はほたてが動かないほど冷えた状態で発送致しております。気温の高い中での下処理については、迅速な作業が必要となりますが、【ほたてのさばき方】でご紹介する作業(中腸腺・消化腺など、取り除く部位をしっかり取り除く事)をして頂ければ、安全にお召し上がり頂けます。夏季は特に【ボイル保存法】なども有効なので、ご参考下さい。

月別アーカイブ: 2018年11月